FC2ブログ

BMW E39 ラジエ-ターヒビ割れ

昨日はヒーターホースの破損を紹介しました。

記事の最後に
「BMW/E39はラジエーター本体の破損も多いですよ」
と書きましたので
その「E39の破損したラジエーター」の画像です。

BMW E39 ラジエタークラック

E39のラジエーターがヒビ割れする時はだいたいこの辺りで発生します。
BMW E39 ラジエタークラック

もし、冷却水の警告灯が出たら
なるべく早くエンジンを止めて下さい。

オーバーヒートしてしまうと最悪の場合エンジンが壊れてしまいます。
エンジン水温計がレッドゾーンに入る前にエンジンを止められるようにして下さい。


ここで注意していただきたいのは、
BMWはエンジンが熱い間はラジエーターのフタが開けられません
ということ。

無理に開けると熱湯が吹き出して火傷をしたり
エンジン内部で冷却水が沸騰して気体が混入したりして復旧がより難しくなります。


もし、ご自身で冷却水を補充しなければいけない場合は、
必ずエンジンが冷えていることを確認してからラジエターのフタを開ける。

これを忘れないでくださいね。



↓画像クリックでtake-MのHPにとびます
take-M BMW Technical Pro Shop


↓小さな町工場への
↓応援クリックいただけると頑張れます!
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



TAG :
BMW
E39
ラジエター
割れ
Facebook
take-M
兵庫県西宮市にあるBMW専門の整備工場take-M(テイクエム)です。BMWのことなら新旧車種問わず小さな事でもお問合せください。お問合せはHP http://www.take-m.com/ からお願いします。

take-M

Author:take-M
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
このページのトップへ